戦略型メールマガジン配信システム・メガまる [ システム設定 ]
Process ID:60756 規約: パーミッション(配信許可)を受けていないメールアドレスへの配信を一切禁止します。
パスワード: システム設定
【HOME】 | 【再描画】
システムメールアドレス
システムメールアドレス
(各種通知メールの送信元)
←※空白の場合、通知アドレスを使用 | mask
プロセス設定

1回のCRON起動で、 メールを通送信し、 秒待つ。 これを 回繰り返す
単純計算指標: 分で 件配信。1時間に 件配信。CRON間隔は、最低でも 分以上にしてください。

単純計算指標:上記設定値で以下のCRON設定値を設定した場合、1時間で配信される数(1時間に1000件以上の配信は超まずいです)
5分毎(*/5) 件配信/時間   10分毎(*/10) 件配信/時間   15分毎(*/15) 件配信/時間   20分毎(*/20) 件配信/時間  
25分毎(*/25) 件配信/時間   30分毎(*/30) 件配信/時間   35分毎(*/35) 件配信/時間   40分毎(*/40) 件配信/時間  
45分毎(*/45) 件配信/時間   50分毎(*/50) 件配信/時間   55分毎(*/55) 件配信/時間   60分毎(*/60) 件配信/時間  

※単純計算指標には、CRON起動間隔、
実際のメール送信プロセスの所要時間(プログラムとメールサーバーとのやり取りの時間)は加味されていません。
デフォルト設定よりも速く送信する設定にするとサーバーに負荷がかかる為、スパムメール判定を受け、
送信されなくなることはもとより、有料レンタルサーバーでもサーバーのIDを剥奪されます。
契約サーバーのプランや状態によっては、この設定でも速い場合がありますのでサーバーの様子を見ながら値を調整してください。
表示数
メール状況1ページ表示数
読者1ページ表示数
ログ記録数
CRON 起動ログ
CRON 実行ログ
CRON 送信ログ
ユーザーメニュー (ツールサイトなどよく使うサイトを追加してご使用ください。)

書式: URL , タイトル { ,non_blank }
空メール読み込み数
1CRON当たり:
CRONメモ
CRON呼び出しサーバー:
※このフィールドはメモです。設定しなくてもかまいません。
CRON 設置コマンド
同じサーバーでCRONを設置する場合
同じサーバーでパス切り替えのできないCRONを設置する場合
同じサーバーで絶対パスで指定するCRONを設置する場合
外部サーバーのCRONで呼び出す場合
外部サーバー起動ツールゆずまるのauto_powerloopを使う場合
FTPパスから設定するサーバーのCRON1
FTPパスから設定するサーバーのCRON2
Copyright (C) Yuzumaru Youbei. All Rights Reserved. 戦略型メールマガジン配信システム・メガまる